パフォーマー養成所[研修生募集]

劇団汎マイム工房付属「マイム&クラウン養成所」

1976年ママコ・ザ・マイムより独立したあらい汎が三軒茶屋のタップダンススタジオを週2日借りて開講。

それまでは、都内の公民館などを借りて身体技術の訓練を、歌手、ダンサー、若き俳優に呼びかけて開催してきている。

その後渋谷の倉庫屋上のペントハウスを舞踏集団と共同で借り受ける。外部公演以来、イベントへの出演依頼が増えるにつれ、池袋のビルをスタジオとして借り受ける。しばらくして階上に事務所を設置。

IMGP6337.JPG1992年太田省吾率いる転形劇場解散に伴い当時のT2スタジオを引き受けスタジオPACとして開設。2000年当時のクラウンカレッジジャパンを吸収合併。パフォーミング・アーツ・カレッジとして開校。2013年9月板橋の地下室にスタジオを移転。新たな教育機関として開講。

 IMGP6660.JPG

スタジオ開設に当たり、ヨーロッパの技巧であるパントマイムテクニックを日本人の身体で見直すことを柱にスタートしました。

1、肉体とは何か。肉体言語とは何か。肉体はしゃべるのか。2、物真似とは何か。マイムテクニックとは、いかなる欲求から生まれた俳優術なのか。無対象とは何か。何故無対象なのか。3、沈黙とは何か。何故パントマイムは、無言なのか。何故無言だとパントマイムなのか。4、何故顔は、白なのか。何故口は大きく赤いのか。

等の疑問を提示し一つ一つに納得のいく根拠を見つけ、自分たちのマイムを見つけようと出発したのです。ワークショップ 057.jpg

以来、40年、西洋テクニックを解析しつつも、日本人である身体や考え方に即し、受講生個々の個性を尊重した教育を心がけて指導しています。

パントマイムを基本として劇の出来るパフォーマー、クラウンの養成をを心がけ、多くのマイム演技者を世に送り出している。文化庁の助成による海外研修生をフランス、ドイツ、スイスなどに6人を送り出している。

国内で活躍するパフォーマーには、やまけいじ、松元ヒロ、典正(テンショウ)、山本光洋、神雅喜、ショータイム・マジック、藍義弘、KAMIYAMA、みぎわ、金井圭介、まろ、他。IMGP6337.JPG

海外 檀上花子、村山真哉、望月康代。   

平成29年度 第41期 10月生募集中 ←詳細はこちらから

  体験レッスン 1回 1500円

 トライアル行列1.jpg

主なレッスン内容

基礎肉体づくり 表現するために必要な身体作り。肉体の分離と統一。呼吸法、                             発声法。

マイム授業    マイムテクニック 演技術&即興マイム、演技術。創作。

クラウン授業  クラウンスキル(各種ジャグリング) クラウニング(クラウン演技術) 即興。

ダンス授業    クラッシックバレエ 肉体の正しい線を学ぶ。

メイク授業    メイキャップ(クラウンメイキャップ、ショーメイキャップ) キャラクターの確立。 

衣裳(衣装づくり) クラウン衣装(だぼパン、蝶ネクタイ、前垂れなどの製作指導)

             オリジナルな自己表現のための衣装、小道具、道具作り。

玉のり稽古.jpg

朗読 ・タップダンスは、希望により取り入れております。

 トライアル公演  年度末,発表公演

トライアル集団1.jpg トライアル男2人1.jpg トライアル女1人1.jpg トライアル男1.jpg

▲このページのトップに戻る