沿革

1976年 劇団「汎マイム工房」設立。年2回の自主公演を基本に公演活動をスタート。

1978年 あらい汎とパントマイムサーカス団結成。公共ホール、ホテル、遊園地でのショービジネスに参入。

1982年 第9回国際マイムフェスティバル(イタリア・アレツォ)あらい汎の男のバラード上演。

      あらい汎がマイムソリスト賞受賞

1983年 第10回世界演劇フェスティバル(イタリア)招待参加。黙劇「待合室」上演。

      総合グランプリ、技能賞、音楽賞を受賞。

1985年 有限会社パントマイム・アーティスト・カンパニー設立。
1985年〜 広告代理店、企画・制作会社、キャスティング事務所等のご依頼を賜り、一般ショー、販促イベント、町おこし、村おこし特別企画、企画物創作作品等多数出演
1985年〜 講演会、ワークショップ、指導、振付等多数
1985年〜
1987年

1988年


1991年
1992年

テレビ、映画、VTR 実績:ドラマ、ショー、バラエティー、コマーシャル、

プロモーションビデオ等多数

イタリア、フランス、ブルガリア公演。

東京国際演劇祭参加。黙戯「男のバラード」街頭劇「昇天の試み」上演。

Σフェスティバル(フランス・ボルドー市)招待参加。「物置小屋のドンキホーテ」上演

Σフェスティバル東京を東急BEEM共催で開催。

 

 

 

1994年〜





全国子どもおやこ劇場の企画に参加。公立文化施設、学校公演等多数.

文化庁主催「文化芸術による子供の育成事業」により全国小中学校公演

文化庁主催「ワークショップ派遣事業」全校展開

1997年 汎マイム工房付属養成所をクラウンカレッジジャパンの協力で「パフォーミングアーツ・カレッジ」に改称。マイム、クラウン総合教育機関とする。

2000年 ギリシャサマーフェスティバルに招待参加。同時、国際交流機関の協力でにユーゴスラビア孤児難民施設慰問公演を挙行。

2003年 ギリシャ文化のオリンピックに招聘される。「オリンポスのMIMOS]上演。

2005年〜 文化庁主催「全国巡回事業」に参加。

2013年 事務所、稽古場を練馬から板橋に移転。

     名称を「PAC汎マイム工房」に改称。地下スタジオを「スタジオPAC]として運営。

▲このページのトップに戻る